自分の老後、親の老後、いろいろ心配ですよね。親の老後の心配といえば、親が病気になったり痴呆症が始まってしまったりしたときに、だれがどう介護していくのか。介護にかかる費用はちゃんと親が蓄えているのか。遠方に住んでいたり、兄弟が複数いる場合などは特に、費用や手伝いの分担なども、いつか話をしないといけないのだろうけれどもなかなか話しづらいところだと思います。それから、もっと先。親が亡くなったときには、だれが何を相続するのかというのも気になります。それと同時に気にしないといけないのが、相続税はどれくらいかかるのかということです。

最近、相続税に関する法律は頻繁に改定されています。そして、相続が発生するより前、つまり資産を持っている方が亡くなる前からきちんと準備をしていけば、様々な制度を使うことができ、相続税は安くすることができるのです。せっかく親が遺してくれる資産ですから、できるだけ税金に取られるのではなく、あなたやあなたのご兄弟、お子様たちに遺したいですよね。そこでおすすめしたいのが、税理士にきちんと相談し、一番お得な方法を教えてもらうことです。

とはいうものの、税理士にかかる費用って不透明ですよね。100万円節税できても、100万円税理士に払うなら意味がありませんから、税理士への相談費用がイメージできないのにおいそれと相談できないという方が多いと思います。そんな方は、相続税申告料金の費用「相続専門家の窓口」を参考にしてみると良いですよ。